大学生から始める資産形成

【7つ紹介】投資信託の意外なメリットとデメリットとは?

「投資信託を始める前に、メリット・デメリットを知りたい!」
「メリット・デメリットを知ってから、投資信託を始めたい!」
という方もいらっしゃるかと思います。

そこで、この記事では

  • 投資信託とは何か
  • 投資信託のメリット
  • 投資信託のデメリット

について紹介していきます。

まず、結論から言うと
投資信託のメリットは、

  • 感情に左右されにくい
  • 少額から投資可
  • 本業に集中できる
  • リターンは小さいが、リスクも小さい
  • 個人では投資しにくい国や産業に投資できる

です。

一方、デメリットは

  • 手数料がかかる
  • 短期間で大きな利益を得ることが難しい

です。

では、早速みていきましょう。

投資信託とは?

まず、投資信託とは何かについてもう一度おさらいしておきましょう。

投資信託とは、たくさんの投資家からお金を集め、それを基に、投資のプロがさまざまな投資商品に分散投資して、得られた利益を投資家に分配する商品のことです。

今では投資信託の数も増え、ポイントで投資信託できるものも増えてきましたね。

今後、ますます人気になっていくと思います。

メリット

投資信託のメリットには、

  • 感情に左右されにくい
  • 少額から投資可
  • 本業に集中できる
  • リターンは小さいが、リスクも小さい
  • 個人では投資しにくい国や産業に投資できる

があります。

それぞれ見ていきましょう。

感情に左右されにくい

投資初心者のほとんどは取引の際に感情に左右されてしまいます。
その結果、負けやすくなってしまうのです。

しかし、投資信託で積立注文を設定していれば、毎月引き落とされるわけですから、感情に左右されることなく購入することができます

感情に左右されないことから、ストレス軽減にもつながり、なおかつ冷静な判断にもつながっていきます。

その結果、勝率も高くなるのです。

このような点が、メリットとして挙げられます。

少額から投資可

投資信託とは、投資信託をしているいろいろな投資家から集めたお金を大きな資金として用いているのでしたよね?

ですから、小額からでも投資が可能となります。

最低100円からでも投資できる場合が多いので、少額から始めたい人や、資金があまりない人におすすめの投資です。

本業に集中できる

詳細な部分の投資先や、投資商品の入れ替えなどは投資のプロが行ってくれますから、その分本業に集中することができます。

また、パソコンの前にずっと張り付いている必要はなくなります。

ですので、本業がメインだけど投資もやりたいっていう人におすすめです。

リターンは小さいが、リスクも小さい

投資信託は複数の投資商品が含まれているので、分散投資のかたちになります。

分散投資のかたちになるからこそ、どれかの株価が急激に下落したとしても他の投資商品でカバーできるのです。

このために、リスクが小さくなると言えます。


逆にどれかの株価が急激に上昇したとしても、他の投資商品の株価が減少していると上昇の効果が半減されてしまうことがあります。

ですから、リターンも小さくなるのです。

個人では投資しにくい国や産業に投資できる

個別に中国の株式を購入しようと思っても、日本の証券会社では個別株は取り扱っていません。

しかし、投資信託は個別株同士をまとめるかたちで売っているので、実質的に投資できることになります。

このように、個人では投資しにくい国や産業に投資できるのです。

デメリット

投資信託のデメリットには、

  • 手数料がかかる
  • 短期間で大きな利益を得ることが難しい

があります。

それぞれ見ていきましょう。

手数料がかかる

投資信託は投資のプロに任せているわけですから、当然手数料がとられます

具体的には販売手数料、売買委託手数料、信託報酬(運用管理費用)です。

このように、多くの手数料がかかってしまいます。
ですので、できるだけ手数料のやすい商品にするといいです。

また、この手数料でぼったくっている商品もあるので注意しましょう。

短期間で大きな利益を得ることが難しい

投資信託は、ほとんどの人が少額で投資をするからこそ、1か月やそこらで大きな利益は得られません

また、投資信託はいろいろな企業に分散して投資しているからこそ、株価はそれぞれの企業の株価を平均したものになります。

ですので、株価が上がっても個別株よりかは上がりません。


大金をつぎ込むとそれだけ大きな利益が得られる可能性が高くなりますが、そうするくらいなら個別株を買ったほうがもっと利益が得られます。

個別株とは違い、投資信託は長期的に運用することで威力が発揮されます。

長期間でこそ、運用額も大きくなり、複利の影響もものすごく受けられるんですよね。

複利の影響については、複利の絶対的な効果をご覧ください。
このことを、頭にしておきましょう。

まとめ:実際に行動に移してみよう!

投資信託のメリットは、

  • 感情に左右されにくい
  • 少額から投資可
  • 本業に集中できる
  • リターンは小さいが、リスクも小さい
  • 個人では投資しにくい国や産業に投資できる

一方、デメリットは

  • 手数料がかかる
  • 短期間で大きな利益を得ることが難しい

でした。

これで投資信託のメリットとデメリットがわかったと思うので、投資信託を始めようと思った方は、【初心者におすすめ】投資信託の始め方と注意点を徹底解説をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です