大学生から始める資産形成

【2021年最新版】仮想通貨は大学生でもできるの? 始め方も紹介

大学生にもなると、仮想通貨を始めてみようと思った方もいるのではないでしょうか。

興味を持ち始めるうちに、
「大学生でもできるの?」
「どうやってやるの?」
と疑問を抱いたかと思います。

そこで、今回は

  • 大学生でもできるのか
  • 仮想通貨について
  • メリット・デメリット
  • 仮想通貨の始め方
  • 注意点

について紹介していきます。

結論から言うと、大学生でもできます
ただし、できるのは20歳以上の場合のみですので、未成年の方はできません。

では、早速みていきましょう。

大学生でもできるのか?

結論でも述べたように、大学生でも20歳以上であれば、だれでもできます

また、ネット証券の口座開設で必ず必要だったマイナンバーカードはいらないので、お手軽に口座を開設することができます。

なお、本人確認としていくつか書類を提出しなければいけませんが、学生証は本人確認書類として使えないので注意してください。

仮想通貨についておさらい

さて、ここで仮想通貨についておさらいしておきます。

仮想通貨とは、法定通貨のような紙幣や硬貨がなく、あくまでインターネット上にのみ存在する仮想的な通貨のことです。

電子マネーと割と似ていますが、少し違うところがあります。

電子マネーは日本円をそのままチャージするものであり、円の価値はインフレやデフレが起こらない限り維持されます。

しかし、仮想通貨は日本円を仮想通貨に変換してチャージするものであり、価値が常に変動していて円の価値は維持されません。

このように、仮想通貨にはいくつか特徴があります。
詳しくは、【初心者必見】5分でわかる!仮想通貨とは?をご覧ください。

メリット

仮想通貨のメリットには、

  • 一気に利益を上げることができる可能性がある
  • 少額から投資が可能
  • 24時間365日取引が可能

があります。

それぞれ見ていきましょう。

一気に利益を上げることができる可能性がある

仮想通貨は、うまく波に乗ることができれば一気に利益を上げることができる可能性が十分あります。

というのも、仮想通貨は値動きがとても激しいからです。

FXのようにレバレッジをかけることでも大きく利益を出せますが、借金してしまう可能性もあるので十分注意しましょう。

少額から投資が可能

仮想通貨は、少額から投資が可能です。
どのくらい少額かについて説明していきます。

ビットフライヤーのビットコインの最低取引単位は0.00000001BTCです。

2021年3月半ばのビットコインの価格は1BTC=600万ですから、0.06円から購入できることになります。

0.06円というのは、普通の株ではありえない金額ですよね。
仮想通貨は、そのくらい少額からできるのです。

24時間365日取引が可能

仮想通貨は、24時間365日いつでも取引することができます。

株は平日の9時~15時、FXでも平日の24時間しか取引ができませんから、24時間365日取引できるのは今のところ仮想通貨だけとなります。

こんなに魅力的なのは他にはないですよね。
ですので、いつでもトレードしたい人におすすめです。

デメリット

仮想通貨のデメリットには、

  • 値動きが激しい
  • ハッキングされる恐れ
  • 取引の途中で接続が切れる可能性

があります。

それぞれ見ていきましょう。

値動きが激しい

何回も言っていますが、仮想通貨は値動きが激しいです。

というのも、「法定通貨ではない」・「まだできて数年しか経ってない」という特徴があるからです。

値動きが激しいが故に、購入した瞬間に一気に下落してしまうこともあるので、注意しましょう。

ハッキングの恐れ

仮想通貨は、すべてインターネット上で行われています。

ですから、ハッキングされる可能性が十分にあります。

万が一に備え、大金をつっこみすぎないようにしましょう。

取引の途中で接続が切れる可能性

先ほども述べたように、取引はインターネット上で行われるので、接続環境が悪いと途切れる可能性があります。

なので、接続が安定した場所で確実に取引を行うようにしましょう。

仮想通貨の始め方とは?

ここでは、仮想通貨を始める際の簡単な流れを紹介していきます。

その流れというのは、

  • アカウントの作成
  • 本人確認書類の提出
  • 銀行口座登録
  • 日本円の入金
  • 仮想通貨の購入

です。

それぞれ見ていきましょう。

アカウントの作成

まずは、仮想通貨取引所というところでアカウントを作成していきます。

仮想通貨取引所というのは、CMでもおなじみのコインチェックやビットフライヤー、GMOコインなどのことを言います。

アカウントの作成では、メールアドレスやパスワードを決めたり、個人情報を入力したりします。

なお、アカウントの作成は無料です。

本人確認書類の提出

本人確認書類の提出方法としては、
・かんたん本人確認
・画像アップロード
・配送員への提示

があります。

「かんたん本人確認」と「画像アップロード」は、インターネット上で行います。

「配送員への提示」は、配送員が自宅に来るので、その際に本人確認書類を提示します。

本人確認書類は提出方法によって違うので、それぞれ説明していきますね。

かんたん本人確認(いずれか1点)
・運転免許証/運転経歴証明書
・マイナンバーカード/住民基本台帳カード
画像アップロード(いずれか2点)
・運転免許証/運転経歴証明書
・マイナンバーカード/住民基本台帳カード
・各種健康保険証
・パスポート
・住民票の写し
・住民票記載事項証明書
・印鑑登録証明書
配送員への提示(いずれか1点)
・運転免許証
・マイナンバーカード/住民基本台帳カード
・パスポート
注意
学生証は使えません

銀行口座登録

銀行口座登録は、日本円を出金するために必要です。
また、登録した銀行口座にしか出金できないため、注意しましょう。

日本円の入金

仮想通貨を購入するためには、仮想通貨取引所に日本円を入金しないといけません。

入金方法には、
・インターネットバンキング
・銀行振込
・コンビニ入金

があります。

なお、入金時に手数料が取られるので注意しましょう。

仮想通貨の購入

日本円の入金を終えたら、実際に仮想通貨を購入していきます。

購入単位は決まっておらず、基本的にどの値段でも購入することができます。

以上が仮想通貨取引の始め方でした。
詳しい始め方は、仮想通貨を購入するには? 口座開設から取引までを徹底解説をご覧ください。

注意点

仮想通貨を始めるにあたり、いくつか注意点があります。

それは、

  • 元本の保証はない
  • 余剰資金で行う
  • レバレッジをかけると借金してしまう

です。

それぞれ見ていきましょう。

元本の保証はない

仮想通貨も立派な投資ですから、当然元本は保証されません。

元本の保証はないからこそ、資金管理はきちんと行いましょう。

余剰資金で行う

他の投資でも同じことが言えますが、余剰資金で行うことが一番大切です。

というのも、余剰資金で行うことで、余裕を持つことができ、冷静な判断ができるからです。

なので、余っているお金で行うようにしましょう。

レバレッジをかけると借金してしまう

取引所によっては、FXのようにレバレッジをかけることができます。

しかし、レバレッジをかけるということは、同時に借金をする可能性もでてくるということになります。

なので、借金をすることのないよう、きちんと資金管理を徹底しましょう。

まとめ:仮想通貨を始めてみよう!

大学生でも20歳以上なら仮想通貨の取引はできるのでしたね。

また、始め方は

  • アカウントの作成
  • 本人確認書類の提出
  • 銀行口座登録
  • 日本円の入金
  • 仮想通貨の購入

でした。

この記事をきっかけに興味をもったかたは、ぜひ始めてみて下さい。

仮想通貨についてもっと知りたい方は、【初心者必見】5分でわかる!仮想通貨とは?
仮想通貨を始めてみようと思った方は、仮想通貨を購入するには? 口座開設から取引までを徹底解説
をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です