大学生から始める資産形成

Coincheckって本当にいいの?口コミから評判まで徹底レビュー

Coincheckは、ランキングの上位に入るなど、よくおすすめとして挙げられていますよね?

また、多くの記事が「初心者におすすめできるよ」などと言っているかと思います。

そう言われると、

逆にあやしい…
本当にいいの?
ちょっと心配…

と思ったりしたことはないでしょうか。

そんな悩みを解決すべく、この記事ではCoincheck(コインチェック)が本当にいいのかを実際に体験し、忖度一切なしで徹底的にレビューしてみました。

結論から言うと、Coincheck(コインチェック)の入金/出金手数料は高く、スプレッドは広いものの、それ以外は優れています

その優れている点についても、この記事では詳しく述べているので、ぜひご覧ください。

実際に使ってみて、悪かった点

まず、悪かった点について紹介していきます。

その悪かった点とは、

  • ウェブ版の販売所での購入画面にチャート画面がない
  • アプリ版の取引所が非常に見つけづらい
  • アプリ版の文字が小さい

です。

それぞれ説明していきますね。

ウェブ版の販売所での購入画面にチャート画面がない

このように、Coincheck(コインチェック)では、ウェブ版の販売所の購入画面にチャート画面がないんですよね。

なので、チャートを見ながら、「いま買いたい!」と思っても、どうしても遅れが生じてしまいます。
その点が微妙でしたね。

また、「購入画面の隣にチャート画面があってほしい」と思いました。

しかし、アプリ版ではすんなりと購入できるので、そんなに問題はないかと思います。

アプリ版の取引所が非常に見つけづらい

Coincheck(コインチェック)のアプリ版では、「取引所で取引できない」と言われていますが、実際にできます。

しかし、何も知らない人の95%の人が見つけれないぐらい、非常に見つけづらくなっています。
その点がイマイチだと感じましたね。

「メニュー欄にあればいいのに」とは思います。
一応、やり方について載せておきますね。

アプリ版の取引所での取引方法
「アカウント」→「FAQ/問い合わせ」→「サイドバー」→「Coincheck取引所」

アプリ版の文字が小さい

このように、コンパクトにまとまっているのはいいものの、文字が全体的に小さくなっているんですよね。

それでもって、少し見ずらい感じがしました。
気持ちとしては、もう少し大きくしてほしいところ。

実際に使ってみて、良かった点

良かった点としては、

  • ダークモードにできる
  • 時間制限マークがある
  • ホーム画面にチャート画面が大きく表示されている
  • 表示の並び替えができる
  • チャット機能が使える

が挙げられます。

これらについても、それぞれ説明していきますね。

ダークモードにできる

このように、ダークモードにできる点がよかったです。

このダークモードについては個人差がありますが、普段ツイッターやYouTubeでもダークモードを利用している僕からすれば、うれしい機能でしたね。

時間制限マークがある

このような時間制限マークがあり、いつまで表示の値段で買えるのかを判断でき、金額を入力している間に値段が変わってしまうことがなく、よかったです。

この機能は、他の仮想通貨取引所にはなかなかありません。

ホーム画面にチャート画面が大きく表示されている

アプデ前(左側)は大きく表示されてなかったのですが、アプデ後(右側)に大きく表示されるようになりました。

ホーム画面上で全銘柄のチャートは見れなくなったものの、逆に細かい部分まで見れるようになってよかったです。

表示の並び替えができる

表示の並び替えができるのは、特によかったです。

というのも、僕はめんどくさいことが嫌いで、チャートを見たい銘柄までいちいちスクロールしなくて済むようになったからです。

チャット機能が使える

このように、Coincheck(コインチェック)ではチャット機能が使えるんですよね。

なので、みんなが何を思っているのかを知るきっかけになってよかったです。

なお、この機能は他にはなかなかありません

Coincheck(コインチェック)とは?

Coincheck

Coincheck(コインチェック)とは、仮想通貨の取引ができる仮想通貨取引所の1つです。

また、アプリダウンロード数が1位※であったりと、多くの人に親しまれています。
※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

取扱通貨数17種類
最低取引単位販売所:0.001BTC以上かつ500円相当額以上
取引所:0.005BTC以上かつ500円相当額以上
取引高約116億
スプレッド(BTC・執筆時点)241,563円
入金手数料銀行振込:各銀行の振込手数料
クイック入金:770、1018円
コンビニ入金:770、1018円
出金手数料407円
送金手数料0.0005BTC
コインチェックユーザー間は無料
取引所手数料無料
販売所手数料スプレッド分
スマホ対応
レバレッジ取引
積立サービス
レンディングサービス
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • PLT(パレットトークン)

冒頭でも話しましたが、Coincheckの入金手数料・出金手数料はそれぞれ770円~1018円、407円と比較的高くなっています。

ですが、「取扱通貨数の多さ」と「取引所の手数料が無料な点」を考慮すれば、とても優れています

コインチェックの特長
  • 取扱通貨が多い
  • 取引所での手数料が無料
  • 積立/レンディングサービスがある
  • アプリ版ではコンパクトにまとめられていて、スッキリしている

Coincheck(コインチェック)のデメリット

次に、デメリットについて紹介していきます。

そのデメリットとは、

  • 販売所でのスプレッドが広い
  • レバレッジ取引がない
  • 入金/出金手数料が高い

です。

それぞれ説明していきますね。

販売所でのスプレッドが広い

執筆時点でのCoincheck(コインチェック)のスプレッドは205,561円となっています。

このスプレッドは、DMM BitcoinやLiquid by Quoine、bitbankなどと比べると広いです。

Coincheck205,561円
DMM Bitcoin69,854円
Liquid by Quoine861円
bitbank120,300円

レバレッジ取引がない

現在、Coincheck(コインチェック)ではレバレッジ取引を行っていません。

なので、レバレッジ取引をしたい人にとってはデメリットとなるでしょう。

入金/出金手数料が高い

入金/出金手数料についても、DMM BitcoinやGMOコイン、BITPOINTなどと比べると高いです。

Coincheck銀行振込:各銀行の振込手数料
クイック入金:770~1018円
コンビニ入金:770~1018円
出金:407円
DMM Bitcoin銀行振込:各銀行の振込手数料
クイック入金:無料
出金:無料
GMOコイン銀行振込:各銀行の振込手数料
クイック入金:無料
出金:無料
BITPOINT銀行振込:各銀行の振込手数料
クイック入金:無料
出金:無料

なので、入金や出金を繰り返していると、手数料負けなんてことも起こり得ます。

しかし、何回にもわたってするのではなく、一度に入金/出金する額を多くすれば、他の仮想通貨取引所とそんなに差がつくことはないでしょう。

Coincheck(コインチェック)のメリット

逆に、メリットについては、

  • 取扱通貨数が多い
  • 積立/レンディングサービスがある
  • 取引所の手数料が無料

があります。

これらについても、それぞれ説明していきますね。

取扱通貨数が多い

コインチェックの取扱通貨は、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

の16種類です。

これは、他にはないCoincheck(コインチェック)ならではのメリットとなっています。

積立/レンディングサービスがある

積立サービスとレンディングサービスの両方があるのは珍しいです。

積立サービスの場合は、「指定の銀行口座から自動的に引き落とされる」のがメリット。

そして、レンディングサービスの場合は、「貸出期間が長く、年利が高い」のがメリットです。

積立サービスとは
積立サービスとは、積立頻度や積立金額を設定することで、自動的に仮想通貨を購入してくれるサービスのことです。

いわゆる、積立NISAみたいなものですね。

詳しくは、仮想通貨の積立におすすめの仮想通貨取引所はこの2つ!をご覧ください。
レンディングサービスとは
レンディングサービスとは、自身が所有している仮想通貨を仮想通貨取引所に貸し出すことで、その分の利息が得られるサービスのことです。

銀行の預金口座みたいなものを想像してもらえば大丈夫です。

詳しくは、【年利が5%!?】話題の仮想通貨レンディングとはをご覧ください。

取引所の手数料が無料

取引所の手数料が無料なのは、かなりのメリット
というのも、一日に何回取引を行っても手数料はかからないからなんですよね。

なので、デイトレーダーの方などには非常にメリットになります。

他の仮想通貨取引所との比較

主要な仮想通貨取引所と比べてみると、以下のような感じになりました。

※右にスライドできます。

CoincheckbitFlyerGMOコインDMM Bitcoin
取扱通貨数17種類13種類14種類12種類
最低取引単位販売所:0.001BTC以上かつ500円相当額以上
取引所:0.005BTC以上かつ500円相当額以上
販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
0.0001BTC0.001BTC
取引高約116億約256億
スプレッド(BTC・執筆時点)205,561円204,096円97,884円69,854円
入金手数料銀行振込:各銀行の振込手数料
クイック入金:770、1018円
コンビニ入金:770、1018円
銀行振込:各銀行の振込手数料
クイック入金:無料~330円
コンビニ入金:330円
銀行振込:各銀行の振込手数料
クイック入金:無料
銀行振込:各銀行の振込手数料
クイック入金:無料
出金手数料407円220円~770円無料無料
送金手数料0.0005BTC
※コインチェックユーザー間は無料
0.0004BTC無料無料
取引所手数料無料約定数量×0.01〜0.15%Maker:-0.01%
Taker:0.05%
取引所なし
販売所手数料スプレッド分スプレッド分スプレッド分スプレッド分
スマホ対応
レバレッジ取引
一時受付停止中
積立サービス
レンディングサービス


この表からもわかるように、「取扱通貨が多い点」と「取引所の手数料が無料な点」が特に優れています。

ツイッターでのリアルな意見

ここで、ツイッターでのリアルな意見を紹介していきたいと思います。

悪い意見


悪い意見では、「手数料が高い」という意見が多く見られました。

やはり、手数料についてはマイナスイメージですね。

しかし、頻繁に入金したり出金したりすることがなければ、そんなにはかからないので、その点を踏まえて取引すれば大丈夫でしょう。

良い意見


良い意見としては、「アプリのレイアウトや取引所の手数料が無料な点、取引通貨数の多さがいい」という意見が多く見られました。

やはり、「取扱通貨数の多さ」や「取引所の手数料が無料な点については好印象ですね。

以上の点を踏まえて、Coincheck(コインチェック)を「おすすめしない人」と「おすすめする人」を述べていきます。

Coincheck(コインチェック)をおすすめしない人

Coincheck(コインチェック)をおすすめしない人は、

  • 手数料を安く抑えたい人
  • 販売所で取引を行いたい人

のような人です。

手数料を安く抑えたい人は、BITPOINTがおすすめ。

また、販売所で取引を行いたい人は、スプレッドが狭いLiquid by Quoine、もしくはマイナーなところであれば、DMM Bitcoinがおすすめ。

Coincheck(コインチェック)をおすすめする人

逆に、Coincheck(コインチェック)をおすすめする人は、

  • 多くの通貨を取り扱いたい人
  • 取引所で取引を行いたい人
  • 積立/レンディングサービスを利用したい人
  • アプリでいろいろな機能を使いたい人

のような人です。

この辺の人は、すごくおすすめできますよ!

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法

最後に、Coincheckの口座開設方法を簡単に解説していきますね。

具体的には、以下のような流れで行っていきます。

アカウントの登録

最初に、アカウントを登録していきます。
とは言うものの、メールアドレスとパスワードを登録するだけなので、非常に簡単です。

SMS認証

次に、SMS認証をしていきます。
これについても電話番号を入力して、送られてきた数字を入力するだけなので、そんなに難しくありません。

個人情報の入力

続いて、個人情報を入力していきます。
ここで、住所を入力する際は提出する本人確認書類と同じでないといけないことに注意してください。

本人確認書類の提出

最後に、本人確認書類を提出していきます。
提出するとは言っても、自分の顔と本人確認書類を撮影するだけなので簡単です。

本人確認書類を提出した後は、審査に2~3日ほどかかるので、それまで気長に待ちましょう。

まとめ:Coincheck(コインチェック)は、手数料を除けば使って損はない

Coincheck(コインチェック)の入金/出金手数料は高く、スプレッドは広いですが、

  • 取扱通貨数が多い点
  • 積立/レンディングサービスがある点
  • 取引所の手数料が無料な点
  • アプリでいろいろな機能が使える点

については非常に優れています。

なので、Coincheck(コインチェック)は手数料を除けば、使って損はありません

また、「積立サービスやレンディングサービスを利用するのにはCoincheckを使って、普段の取引は別の仮想通貨取引所でやる」というように、併用するのでもありですね。

実際に、そういう人が多いですよ。
口座開設は以下のリンクから。


また、他の仮想通貨取引所も見てみたい人は、【特長・比較・ランキング】国内の20の仮想通貨取引所を丸裸に!をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です