大学生から始める資産形成

【年利が5%!?】話題の仮想通貨レンディングとは

仮想通貨をガチホしていて、

配当金みたいにインカムゲインが得られないかなぁ
ガチホしているだけじゃもったいないなぁ

と思ってはいないでしょうか。

そう思っている方におすすめなのが、この「仮想通貨レンディング」です。

結論から言うと、仮想通貨レンディングとは、自身が所有している仮想通貨を仮想通貨取引所に貸し出して、その分利息を得るサービスのことを言います。

また、年利が5%と聞いて驚かれた方もいるかと思いますが、仮想通貨レンディングでは年利5%の運用が可能です。

ただし条件があります。
それについてもしっかりと述べているので、ぜひご覧ください。

仮想通貨レンディングとは

冒頭でも述べましたが、仮想通貨レンディングとは、自身が所有している仮想通貨を仮想通貨取引所に貸し出して、その分利息を得るサービスのことです。

いわゆる、銀行の預金口座みたいなものです。
預金口座というのは、厳密には銀行にお金を貸しているわけで、その分利息をもらっています。

なので、仮想通貨レンディングは、預金口座の仮想通貨バージョンと思ってもらえば大丈夫です。

また、仮想通貨レンディングは仮想通貨を長期保有する投資家にとって、とても魅力的なサービスと言えるでしょう。

仮想通貨レンディングのメリット

続いて、仮想通貨レンディングのメリットについて紹介していきます。

そのメリットとは、

  • 銀行に預けるよりいい
  • 自身の運用スキルに関係なく利益が得られる
  • 複利効果が得られる

です。

それぞれ見ていきましょう。

銀行に預けるよりいい

仮想通貨レンディングは銀行に預けるよりもいいものとなっています。

「ゆうちょ銀行」の普通預金の金利は0.001%、定期預金の金利は0.002%とかなり低いですよね。
これは、ないのと等しいです。

それに比べて、仮想通貨レンディングの場合はどうでしょうか。

実は、仮想通貨レンディングの金利は3~5%ほどとなっています。

この数字から、かなり高いことが分かるかと思います。
このように、銀行に預けるよりもよくなっています。

自身の運用スキルに関係なく利益が得られる

大きな利益を得ようとすると、どうしても運用スキルの高さが求められてきますよね。

しかも、大きな利益は安定して得られないかと思います。

しかし、仮想通貨レンディングの場合は仮想通貨取引所に仮想通貨を貸すだけで、後は利息分が自動的にもらえるようになっています

ですから、自身の運用スキルに関係なく利益が得られるのです。

複利効果が得られる

仮想通貨は長期保有していても、配当金などのインカムゲインがもらえるわけではありません。
なので、複利効果は得られません。

一方で、仮想通貨レンディングは利息が得られ、その得られた利息分を加えてさらに貸せば、雪だるま状に増えていきます

それでもって、複利効果が得られるんですよね。

仮想通貨レンディングのデメリット

次に、仮想通貨レンディングのデメリットについて紹介していきます。

そのデメリットとは、

  • 取引所が潰れてしまう可能性がある
  • 価格変動のリスク
  • 中途解約手数料が取られる
  • 元本の保証はない

です。

それぞれ見ていきましょう。

取引所が潰れてしまう可能性がある

仮想通貨取引所も銀行と同じように潰れてしまう可能性があります。

なので、貸した仮想通貨が戻ってこないこともあります。

また、銀行の場合は1000万円まで保証してくれますが、仮想通貨取引所にはそのような保証制度は明確にはありません

その点に注意しておきましょう。

価格変動のリスク

普通預金や定期預金はインフレにならない限り、貸した時よりも利益が上がっています。

しかし、仮想通貨はボラティリティが激しく、利息が得られても貸した時よりも利益が下がっている場合があります

なので、長期目線で価値がどのくらいになるかなどを、ある程度予測しておくことが必要です。

中途解約手数料が取られる

仮想通貨レンディングは、定期預金や国債のように、途中で解約したいとなると手数料がとられてしまいます。

別の言葉で言い換えると、「価格が下がってきて途中で売りたい」となっても、手数料を払わなければいけないということになります。

なので、価格が下がっても対応できる金額で貸すことをおすすめします。

元本の保証はない

定期預金や国債は元本の保証はありますが、仮想通貨レンディングの場合はそうもいきません。

なので、貸した時の資金がまるまる戻ってくることはないということになります。

逆に、元本の保証がないということは、貸した時よりも価格が上がっていれば元本よりも多く戻ってくるということになります。

そのことも頭に入れておきましょう。

仮想通貨レンディングができる国内の仮想通貨取引所

続いて、仮想通貨レンディングができる国内の仮想通貨取引所を紹介していきます。

その仮想通貨取引所というのは、

  • Coincheck
  • GMOコイン
  • BITPOINT

です。

それぞれ見ていきましょう。

Coincheck

コインチェック
貸出可能通貨数15種類
最低貸出金額10万円相当
貸出期間14、30、90、180、365日間
金利1、2、3、4、5%
中途解約不可

Coincheckは14日間で1%、30日間で2%、90日間で3%、180日間で4%、365日間で5%となっています。

また、3つ取引所の中でも一番おすすめ
というのも、貸出可能通貨数が多く、金利も高く、貸出期間も細かく選べるからです。

GMOコイン

貸出可能通貨数12種類
最低貸出金額10万円相当
ビットコインなら0.1BTC
貸出期間1、3ヶ月
金利1、3%
中途解約
手数料が償還時に受取予定の貸借料の10%取られる

GMOコインは、1ヵ月間で1%、3ヶ月間で3%となっています。

他の2つの取引所にはない中途解約ができるのが強みですね。
なので、リスクヘッジしたい人におすすめです

BITPOINT

貸出可能通貨数6種類
最低貸出金額募集毎に決定
貸出期間募集毎に固定
金利初回は募集毎に異なる
再貸出した場合30日間単位で2%
中途解約不可

BITPOINTは、最低貸出金額や貸出期間は募集毎に決まっています。
仮想通貨レンディングとは関係ないですが、トロンを扱っている国内の仮想通貨取引所はこのBITPOINTだけなので、トロンを購入したい人にもおすすめです。
また、年率100%などのキャンペーンもやっているので、ぜひお試しください。

1つだけではなく、複数開設しておくことでリスクヘッジにもなり得ます。

また、口座開設や登録は無料なので、ぜひ複数開設してみてはどうでしょうか。

仮想通貨レンディングの始め方

次に、仮想通貨レンディングの始め方について説明していきます。

具体的な流れは、

  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. レンディングする仮想通貨の購入
  3. 仮想通貨の貸出
  4. 仮想通貨の返却

です。

それぞれ説明していきますね。

1.仮想通貨取引所の口座開設

まず、仮想通貨取引所の口座を開設するところから始まります。

また、口座開設時には本人確認書類の提出が必要となってきます。
本人確認書類として利用できるのは、

  • 運転免許証/運転経歴証明書
  • マイナンバーカード/住民基本台帳カード
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

です。

詳しくは、仮想通貨を購入するには? 口座開設から取引までを徹底解説をご覧ください。

2.レンディングする仮想通貨の購入

続いて、レンディングする仮想通貨を購入していきます。
また、購入は仮想通貨取引所内で行います。

購入方法についても、仮想通貨を購入するには? 口座開設から取引までを徹底解説に書かれているので、ぜひご覧ください。

3.仮想通貨の貸出

購入し終えたら、実際に仮想通貨の貸出の申請をしていきます。

そして、審査に通ることができれば、貸出が開始されます。

4.仮想通貨の返却

貸出を終え、満期を迎えたら、利息分も含めて貸出時の枚数が返却されます。

ここで注意してほしいのが、デメリットでも述べましたが、貸出時の金額ではなく枚数だということです。

というのも、仮想通貨の価格が常に変動しているからでしたね。

仮想通貨レンディングを行う際の注意点

最後に、仮想通貨レンディングを行う際の注意点について紹介していきます。

その注意点とは、

  • 確定申告が必要な場合がある
  • 必ずしも貸出できるわけではない
  • 貸し出した通貨で返される

です。

それぞれ見ていきましょう。

確定申告が必要な場合がある

仮想通貨全体はNISAなどの税金がかからなくなる制度がまだないので、仮想通貨で得られた利益に対して税金がかかってきます。

なので、たとえ利息であったとしても、20万円を超えたら確定申告が必要となってきます。
そのことを頭にしておきましょう。

必ずしも貸出できるわけではない

仮想通貨レンディングでは、必ずしも仮想通貨を貸出できるわけではありません。

というのも、貸出の際に審査が必要となってくるからです。

その審査に通らなければ、貸出不可となるので注意しておきましょう。

貸し出した通貨で返される

当然のことですが、仮想通貨レンディングでは、必ず貸し出した通貨のまま返却されます。

「ビットコインで貸したけど、イーサリアムで返して」みたいなことはできないということです。

なので、何を貸し出したいかよく考えてから貸し出しましょう。

まとめ:仮想通貨レンディングとは、利息を得る定期預金のようなサービスである

仮想通貨レンディングとは、自身が所有している仮想通貨を仮想通貨取引所に貸し出して、その分利息を得るサービスのことでしたね。

また、

メリット
・銀行に預けるよりもいい
・自身の運用スキルに関係なく利益が得られる
・複利効果が得られる
デメリット
・取引所が潰れてしまう可能性がある
・価格変動のリスク
・中途解約手数料が取られる
・元本の保証はない
国内の仮想通貨取引所

でした。

後悔することのないよう、メリットやデメリットもしっかりと把握した上で行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です