大学生から始める資産形成

楽天証券でのS&P500の買い方とは?

楽天証券でS&P500を買いたいけど、買い方について詳しく説明している記事は恐らくなかったと思います。

そこで、この記事では、楽天証券でのS&P500の買い方について画像付きで詳しく説明していきます。

では、早速みていきましょう。

楽天証券でのS&P500の買い方

S&P500の買い方の主な流れは、

  1. 楽天証券を開く
  2. 楽天証券にログイン
  3. 日本円の入金
  4. S&P500の注文

です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

1:楽天証券を開く

まず、楽天証券を開きます。
楽天証券はこちらから。

2:楽天証券にログイン

楽天証券を開いたら、ログインIDとパスワードを入力してログインします。

3:日本円の入金

次に、S&P500を購入するために、必要な金額を入金していきます。

楽天銀行や楽天カードを持っている場合は引き落とすかたちになりますが、持っていない場合は楽天証券に入金するかたちになります。

ホーム画面上の「マイメニュー」を押します。

メニューにある「入金」を押します。

ここで、入金方法を選択します。

ネットバンキングを利用する場合は、画像の金融機関の中から選びます。

ATMや銀行窓口から振り込む場合は、「その他の銀行から入金」を押し、振込先を確認します。

4:S&P500の注文

ここで、本題であるS&P500を注文していきます。

NISA・つみたてNISA・積立注文する場合と、スポット購入する場合とに分けるので、自分に合ったほうを選んでください。

NISA・つみたてNISA・積立注文する場合

まずは、NISA・つみたてNISA・積立注文する場合について見ていきます。

ホーム画面から、「NISA・つみたてNISA」を選びます。

検索窓に「s&p500」と入力します。

この中のどれでもいいのですが、今回は「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」を選びます。

選び終わったら、「カートに追加」を押します。

カートに追加されたことを確認し、「一括積立注文へ」を押します。

引落の方法をこの中から選んでいきます。

今回は、「証券口座」を選びます。

続いて、積立の方法や金額を細かく設定していきます。

設定し終えたら、「目論見書の確認へ」を押します。

「未閲覧の書面を確認する」を押します。

最終確認をしていきます。

確認し終えたら、楽天証券の口座開設の際に決めた「取引暗証番号」を4桁入力します。

そして、「注文する」を押すことで、注文が完了します。

スポット購入する場合

続いて、スポット購入する場合について見ていきます。

ホーム画面から「投資信託」を選びます。

「投資信託を探す」を押します。

下のほうにある、「ランキングから探す」からeMAXISSlim米国株式(S&P500)を選択します。

スポット購入なので、「スポット購入」を押します。
積立注文の場合は、NISAやつみたてNISAと同様です。

いくら買付するか、分配金は再投資型なのかなどを細かく設定していきます。

最後に「確認」を押すことで、スポット購入の完了となります。

以上で、楽天証券でS&P500を買う方法の説明は終了です。

まとめ

もう一度、楽天証券でS&P500を購入する際の流れをおさらいしておきましょう。

S&P500の買い方の主な流れというのは、

  1. 楽天証券を開く
  2. 楽天証券にログイン
  3. 日本円の入金
  4. S&P500の注文

でしたね。

無事に購入することができましたか?

話は変わりますが、この記事を基に楽天証券でS&P500を購入したことで、あなたの資産が増えれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です