大学生から始める資産形成

複利の絶対的な効果

皆さん、複利というものはご存知でしょうか?

複利をそもそも知らないという人も大勢いるかと思います。

そこで、今回は複利の絶対的な効果についてご紹介したいと思います。

単利と複利の違い

複利の効果を知る前に、まずは「単利」と「複利」の違いについて理解しておきましょう。

単利

単利というのは、元のお金だけに利子がつくという意味です。

例えば、100万円を預け、年利が5%だったとしましょう。

単利というのは、毎年100万円の5%、すなわち5万円しか増えていかないということです。

複利

一方、複利というのは、元のお金に加えて、利息分にも利子がつくという意味です。

例えば、単利の場合のように100万円を預け、年利が5%だったとしましょう。


単利に対して複利は、1年目は105万円
2年目は105万円の5%、すなわち110万2500円
3年目は110万2500円の5%、すなわち115万7625円

というように増えていくということです。

複利という言葉の意味は、お分かり頂けたかと思います。

続いて、複利の絶対的な効果についてお教えしたいと思います。

複利の絶対的な効果

複利を何年も何年も続けていくと、単利の場合とは大きく異なり、増え方が尋常ではないのが分かるでしょう。

グラフで表すと以下のようになります。

f:id:tousikakun:20200823123841p:plain

このように、長年にわたり運用していくというのは、複利の効果を物凄く得ることができます!

また、複利で得た利益分をすぐに使うのではなく、必要な時だけ使い、あとは全部投資に回すということが大事です。

十分な効果が得られないですからね。
利益分全額使ってしまっていては単利と全く同じことになります。

結論:複利の効果は物凄い!

これまで述べてきたように、複利は本当にすばらしいものです。

また、長期で複利を活用すると単利とは大きく差がつくので、今この瞬間から積立投資などの長期投資を試してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です