大学生の食費は2万円に抑えられる!【自炊はほとんどなし!】

大学生
大学生

バイトがあまりできず、食費を抑えないと生活していけなくなります…

また、食費を2万円に抑えたいけど、自炊は極力したくありません。

そんな自分でも、食費を2万円に抑えられますか?

そのような悩みを解決すべく、実際に自炊をほとんどせずに食費を2万円で抑えられている現役大学生の僕が解説していきます!

先に言っておきますが、紹介する方法というのは、あまり健康的ではありません

なので、「食費を2万円に抑えつつ、健康的な食事をしたい方」はそっとこのページを閉じてください。

また、紹介する方法を試し、健康に被害が出ても、とうシカは一切責任を負わないので、そこだけは注意しておいてくださいね。

それよりも、「栄養とかは考えず、とにかく2万円に抑えたいんだ!」という人だけ見てください
※本記事での食費は、米代抜きで考えています。

「食費2万円」は一般的な大学生より高いの?低いの?

全国大学生活協同組合連合会の「第56回学生生活実態調査の概要報告」によると、2020年度の下宿生の1ヶ月間の食費は24,570円ということでした。

このことから、「食費2万円」というのは、一般的な大学生より低いということになりますね。

また、2万円となると、ボリュームのある食事はなかなかとれません
そういうことは念頭に置いておいてください。

とうシカ
とうシカ

平均は3万円くらいかと思っていたけど、実際はそれより少ないんだね!

実際に食費を2万円に抑えられている現役大学生の1日の食事

実際に食費を2万円に抑えられている僕の1日の食事は、以下の通りです。

  • 朝:食パン1枚(5枚切り)
  • 昼:カップ麺 or 冷凍食品(チャーハン、ビビンバなど)
  • 夜:スーパーの総菜+ごはん

みるからに不健康ですよね。(笑
それでも、2万円には抑えられています。
ぜひ参考にしてみてください。

大学生の食費を2万円に抑える方法

さて、本題ですが、大学生が食費を2万円に抑えるためには、1日あたりの食費を650円以内に抑えればいいです。

そうすれば、2万円に抑えられますよ!
具体的には、以下のような具合にします。

  • 朝:食パン1枚で約20円
  • 昼:カップ麺 or 冷凍食品で100円~200円
  • 夜:スーパーの総菜(1~2品)等で300円~400円

これで完璧です。

なおかつ、時間も取られません。
強いて言えば、買い物に行く時間だけですね。

大学生が食費を2万円に抑えるのにおすすめの食材・食品

さてここで、食費を2万円に抑えるためにおすすめの食材と食品を見ていきましょう。

そのものとは、以下の通りです。

  • 食パン
  • ベーコン
  • 大豆の加工食品
  • えのき
  • 豚こま切れ肉
  • ピザ
  • パスタ
  • レトルト
  • カップ麺
  • 冷凍食品

では、1つずつ説明していきますね。

食パン


朝を食パンにすれば、余計な時間が取られず、食費を安く抑えられます

ご飯でもいいですが、米を焚くのに時間がかかったり、洗う時間が増えたりするので、あまりおすすめしません。

また、5枚切りにすれば、そんなに薄くもなく、1枚当たりの値段も比較的に安いのでおすすめ!

ベーコン


ベーコンは、何か物足りない時の味方です。

また、ベーコンともやしを耐熱容器に入れ、600Wで4分半ほどレンチンしてしまえば、もう1品完成するんですよね。

しかも、約150円ほどに抑えられ、しっかり食べてる感じがするので、おすすめですよ!

大豆の加工食品


大豆の加工食品は、どれも安いです。
しかも、たんぱく質が多く含まれているから栄養価が高く、コスパは最高!

また、おすすめの加工食品としては、以下をご覧ください。

  • もやし
  • 納豆
  • 豆腐
  • 油揚げ

油揚げは、ささっと焼くだけで完成するので、もう一品加えたい時などにおすすめ!

えのき


えのきは食べ応えがあります。
また、単体でもおかずになるので、非常に食費を抑えられますよ!

味噌汁に入れたりするのでもいいですね。


卵というのは、以下のように調理方法が豊富です。

  • 目玉焼き
  • スクランブルエッグ
  • ゆでたまご
  • たまごかけごはん
  • 卵焼き

それでもって、なかなか飽きが来ないんですよね。
また、小腹も満たしてくれるので、大学生にとって強い味方です。

豚こま切れ肉


大豆の加工食品や卵ばかりだと、だんだんお肉が欲しくなってくると思います。
そんな時は、豚こま切れ肉!

たとえ安くても、豚丼などのガツンとしたものが作れますよ

また、えのきと組み合わせて肉巻きにしてしまえば、1食あたり250円くらいに抑えられます。

チルドピザ


チルドピザは、トースターで焼くだけなので、非常に簡単!

しかも、1枚だけでも結構ボリューミーですから、難なく腹を満たしてくれますよ!

パスタ


パスタは、まとめ売りしているのがほとんどです。
ですから、1束当たり数十円で済みます

また、カップ麺に飽きたら、切り替えてみるといいですよ!

レトルト食品


レトルト食品の中でも、特にカレーがおすすめ!
そのレトルトカレーにスーパーの総菜を1品加えれば、夕飯が200円程度で済みます

「給料日前であまりお金をかけたくない」という時に、結構おすすめですね。

カップ麺


節約の王道といったらカップ麺!
お湯を入れ、3分ほど待つだけですぐに食べられます。

また、容器もそのまま捨てるだけでいいので、洗い物も増えません。

冷凍食品

昔はおいしくないものが多かったですが、今ではおいしいものがほとんど。

なおかつ安いので、食費を2万円に抑えるにはちょうどいいんですよね。

また、温めたりするだけで基本オッケイだから、時間も短縮されます

僕がよく食べているのは、以下の商品です。


この2つの商品には、いつも助けられていますね。
あなたもぜひスーパーなどで見かけたら、購入してみてください。

大学生が食費を2万円に抑えるために”しない”方がいいことTOP6

たとえ食品や食材にかかるお金を安く抑えられていても、以下のものをしてしまえば、節約の意味がなくなってしまいます。

  • 間食
  • 飲酒
  • 外食
  • 食堂の利用
  • コンビニの利用
  • 飲み会への参加

なので、これらをするのはできるだけ避けておきましょう。

では、1つずつ説明していきますね。

6位:間食

間食をしてしまうと、けっこう家計を圧迫してしまいます。

どうしても我慢できない場合は、「フルグラ」などのシリアルを買うといいですよ!

というのも、そこら辺のお菓子を買うよりも栄養があり、コスパは最高だからです。

とうシカ
とうシカ

「チョコクランチ&バナナ」はほんとお菓子感覚で食べれる!

5位:飲酒

毎日1本飲んだりしていては、抑えるものも抑えられなくなります。
ほどほどに抑えるようにしてください。

また、いきなり一切飲まないようにするのではなく、徐々に本数を減らしていくといいですよ!

4位:飲み会への参加

飲み会は、1回あたり3,000円ほどかかります。

1ヶ月に3回も行っていれば、もう9,000円ほどになるんですよね。
その9,000円があれば、13日ほどもつんですよ!

ですから、年に1~2回ほどになるように、極力抑えてください

3位:食堂の利用

食堂の料理は、栄養面がちゃんと考えられているものの、「ごはん・味噌汁・おかず」の3品そろえたりすると、すぐに500円ほどに達してしまいます。

それだと、1日に使える食費の約8割ほどを占めてしまうんですよね。

結果的に何も買えなくなってしまうので、避けておきましょう。

とうシカ
とうシカ

1年生の頃よく利用してたけど、普通に3万円は超えていたね。

2位:外食

「サイゼリアなどの外食は安い」とは言うものの、僕からすれば普通に高いです。

400円以内に抑えようと思っても、1品になってしまうんですよね。

また、ボリュームも何もないですから、できるだけ外食はしないほうがいいです。

1位:コンビニの利用

コンビニは、スーパーよりも全体的に値段が高くなっています

特に、弁当とかは500円のものが多いので、すぐに1日の食費をオーバーしてしまうのは分かるでしょう。
なので、利用しないほうが吉!

とうシカ
とうシカ

飲み物も普通に高い!

食費を2万円に抑えるための外部施策

食品や食材だけでなく、以下のこともすると、より食費を抑えられます。

  • 予め買うものをメモしておく
  • クレカ or キャッシュレス決済サービスの利用
  • 賄いのあるバイト
  • クーポンの利用

食費を抑える際は、これらを忘れずにしておいてくださいね。

それでは、それぞれ説明していきます。

予め買うものをメモしておく

メモをしていないからこそ、余計なものまで買ってしまいやすくなります
あなたも、そういった経験はあるでしょう。

しかし、メモをすれば、メモに書いたものだけしか買わないようになるんですよね。

なので、買い物に出かける前は、ぜひメモしていってください。

とうシカ
とうシカ

買い忘れも防げて一石二鳥!

クレカ or キャッシュレス決済サービスの利用

クレカ or キャッシュレス決済サービスを利用すれば、利用額に応じてポイントが付与されます

それが現金だと、一切付与されないんですよね。
それでは非常に損なので、積極的に利用するようにしてみてください。

賄いのあるバイト

賄いのあるバイトをするのは、食費を抑えるにあたり結構有効です。
しかも、量も結構ボリューミーなんですよね。

また、料理人が作ってくれるところもありますから、時間も短縮されますよ!

とうシカ
とうシカ

以前、飲食店でバイトしてたけど、賄いがあったのは非常に助かったね。

しかも、バイト代ももらえるから最高だった!

クーポンの利用

どこのスーパーにも、毎週何かしらのクーポンを発行しているかと思います。

それを利用して、少しでも食費を抑えるようにしてみてください。

ただ、安くなるからと言って、いらないものまで買ってしまわないように注意しておきましょう。

まとめ:2万円に抑えてお金を貯めよう!

さて、本記事では、大学生の食費を2万円に抑える方法を、実際に2万円に抑えられている身から説明していきました

忘れないように、本記事で述べた内容をあらためて確認しておきましょう。

  • 食費2万円というのは、一般的な大学生より低く、ボリュームのある食事はなかなかとれない
  • 朝はパン、昼はカップ麺 or 冷凍食品、夜はスーパーの総菜+ごはんにすれば、食費を2万円に抑えられる
  • レトルト系は、安くて時間も抑えられるからおすすめ
  • 食費を抑えるためには、外食やコンビニの利用を避けるようにする
  • クレカやキャッシュレス決済サービス、クーポンなどを積極的に利用するといい

本記事で紹介した方法を実践し、あなたもぜひ食費を2万円に抑えてみてください。

ただ、紹介した方法は健康的ではないから、そこだけは注意してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です