大学生から始める資産形成

ころころ変えがちな僕が教える! ブログを3ヶ月続ける方法とは?

ブログを始めるにあたり、

3ヶ月続けるにはどうしたらいいの?
続けられる気がしないな~…

続けられるか心配…
ころころ変えがちだけど、続けられるの?

と思ったことはないでしょうか。

その悩みを解決すべく、この記事ではブログを3ヶ月続けられる方法を、ころころ変えがちな僕が紹介していきます。

ここで、僕のエピソードを語らせてください。

僕は、〇〇にハマったと思いきや、別のものにハマったりするような人間でした。

また、小学校ではボルダリング、中学校ではバスケ、高校ではテニスというように、部活もころころ変えてきました。

しかし、そんな僕が、これから述べる方法を試したことで、今では開設時から6ヵ月を経とうとしています。

そのように、この記事はブログを3ヶ月続けていきたいという人には非常に参考になるので、ぜひご覧ください。

では、早速みていきましょう。

はじめに伝えたいこと

ブログの世界では、3ヶ月で辞めてしまう人が全体の2割ほどいます。

まずはじめに伝えたいということが、あなたにはそうなってほしくはないということ。

というのも、3ヶ月目から変化が起き始める人が多いからです。
実際に、僕も変化が起きました。

その根拠については、「ブログは3ヶ月続けろ」は本当なの?←本当でしたをご覧ください。

だからこそ、あなただけでも、ブログを3ヶ月続けてその変化を感じてほしいのです。

3ヶ月続ける方法【行動面】

ブログを3ヶ月続ける方法として、この記事では「行動面」と「精神面」からそれぞれ説明していきます。

まずは、「行動面」から。
具体的には、以下の内容について解説していきます。

  • 毎日ブログに触れる
  • 手段にする
  • 他人と比較しない
  • ブログ仲間を見つける
  • ブログについてあまり学ばない
  • とりあえず投稿する
  • 「この時間はぜったいブログをする」という時間を作っておく
  • ブログを通して自分はどうありたいのかを書き出す
  • 宣言する

では、早速みていきましょう。

毎日ブログに触れる

3ヶ月続けるには、ブログに毎日触れましょう。
というのも、毎日ブログに触れないでいると、サボり癖がついちゃうからです。

また、書こうと思った時に書けなくなっちゃうんですよね。

だからこそ、毎日触れることで習慣化にし、ブログをすることが当たり前の状態にするのです。
1秒だけでもいいので、毎日触れてみてください。

手段にする

3ヶ月続かない原因として、記事を書くことが目的となっていることが挙げられます。
目的とするのではなく、手段とするのです。

具体的には、
「もっとコンテンツを増やしたいから、記事を書く」
「もっと自分を知ってほしいから、記事を書く」
というような感じです。

そのようにして、手段としていけば、3ヶ月なんて優に続けられます。
いや、続いています。

他人と比較しない

他人と比較していては、続くものも続きません。
というのも、落ち込んでしまうことがほとんどだからです。

プラスになるようなことは、ほとんどないんですよ。
もちろん、「比較してはいけない!」というわけではありません。

そのように他人と比較するのではなく、過去の自分と比較しましょう。

というのも、ちょっとずつ上がっていることが実感できるから。

そして、気分も上がり、続けやすくなるんですよね。
なので、他人と比較しないことが大事です。

ブログ仲間を見つける

ブログ仲間を見つけるといいのは、互いに励ましあえるからです。

また、「みんな頑張っているから、自分も頑張らなくちゃ」という風に、やる気につながるんですよね。

だからこそ、ブログ仲間を見つけて一緒に作業するのがいいのです。

リア友と一緒にするのがベストですが、なかなかいないと思います。
そういう方は、ツイッターをやるといいですよ!

隣で一緒に作業することはできませんが、励ましあうことはできるので、おすすめ!

ブログについてあまり学ばない

初心者だからこそ、ついつい色んなことを学ばなければならないと思いますが、3ヶ月継続するにはあまり学ばないほうが無難です。

というのも、あれもこれもしなければいけないところが見つかるから。

それで、「こんなんムリやわー」で脱落していくんですよね。

なので、ブログについて学ぶのはほどほどにし、3ヶ月は自分の好きなことを書いちゃって大丈夫です。

とりあえず投稿する

ブログは、100%を目指そうとしても、あれこれ問題点が出てきてしまい、決して100%にはなりません。

それでもって、「こんなん続けれんわ~」となるんですよね。

そうではなく、ある程度完成させて、とりあえず投稿しちゃったほうがいいです。

そしたら、身が楽になり、「これなら続けやすいかも」と思うようになります。

「この時間はぜったいブログをする」という時間を作っておく

この時間については、辞める人は全然作ってないのかなという印象です。

なので、1日のうちに、「この時間は絶対ブログをする」という時間を作っておきましょう。

そうすることで、自然と取り掛かれるようになると同時に、集中してできるようになりますよ!

ブログを通して自分はどうありたいのかを書き出す

あなたは、ブログを通してどうありたいか考えたことありますか?
辞めていく人は、このことを考えていません。

それでもって、方向性を見失い、だんだんとブログから離れていくんですよね。

そうではなく、「どうありたいか」についてきちんと考え、書き出していきましょう。

とは言え、なかなか書き出すのは難しいと思うので、僕の例を出します。

僕で言えば、
「大学生の資産形成の手助けをしてあげたい!」
というのがブログを通してありたい姿です。

このように、何でもいいので、実際に書き出してみてください。

そのように、どうありたいのかを書き出すことで方向性が決まり、続けやすくなります

宣言する

3ヶ月続けるには、家族や友達、フォロワーの方などに3ヶ月続けることを宣言しましょう。

そうすることで、辞めづらくなり、勝手に続いていきます。
さらに、身も引き締まって一石二鳥ですよ。

実際に、僕もツイッターで宣言しました。

このように宣言したこともあり、今では6ヵ月間続けられています。

3ヶ月続ける方法【精神面】

続いて、「精神面」についてです。
具体的には、以下の内容について解説していきます。

  • 「3ヶ月はアクセスされない」と言い聞かせる
  • 「3ヶ月は稼げない」と言い聞かせる
  • 「続けるだけでも差別化になるぜ!」と思うようにする
  • ワクワクする未来を想像する

では、早速みていきましょう。

「3ヶ月はアクセスされない」と言い聞かせる

ブログでは、開設時からの3ヶ月はなかなかアクセスされません

というのも、Googleさんが自分のブログを認識してくれるのは、だいたい3ヶ月経ってからだからです。

なので、そこは割り切って、「3ヶ月はアクセスされない」ものだと言い聞かせておきましょう。

そうすることで、「自分には能力がない」などといちいち落ち込む必要がなくなるんですよね。

「3ヶ月は稼げない」と言い聞かせる

同じように、ブログでは、最初の3ヶ月は稼げもしません

また、簡単に稼げると思って、実際に稼げなくて辞めてしまう人が多いんですよね。

だからこそ、「3ヶ月は稼げない」とも自分に言い聞かせるのです。

そうすることで、身が楽になり、とても続けやすくなります。

さぁ、声に出して言い聞かせましょう!

「3ヶ月は稼げない!」
「3ヶ月は稼げない!」
「3ヶ月は稼げない!」

どうです?もう頭に入りましたよね?

「続けるだけでも差別化になるぜ!」と思うようにする

これについては、僕が行ってきた中で一番効果がありました。

というのも、続けるだけで勝手に周りが辞めていくんですよ?

それって勝手に差別化になり、稼ぎやすくもなって最高じゃありませんか?
この思考は僕だけですかね。

ともかく、続けるだけでも差別化になるので、そう思うようにしておきましょう。

ワクワクする未来を想像する

あなたは、ブログを続けた先のワクワクする未来を想像していますか?

「PV数爆上げするかも!」
「月100万達成するかも!」
「お仕事の依頼が来るかも!」

というように、なんでもいいです。

そのように想像することで、続けていこうか悩む以前に、わくわくしてくるんですよ。
それでもって、勝手に続けています。

「ネガティブになっていてもしょうがないじゃん?」
「それなら、わくわくしていた方がいいじゃない?」

ということで、わくわくする未来を想像していきましょ!

まとめ:3ヶ月は続けてみよう!

行動面では、

  • 毎日触れる
  • 手段にする
  • 他人と比較しない
  • 仲間を見つける
  • ブログについてあまり学ばない
  • とりあえず投稿する
  • 「この時間はぜったいブログをする」という時間を作っておく
  • ブログを通して自分はどうありたいのかを書き出す
  • 宣言する

精神面では、

  • 「3ヶ月はアクセスされない」と言い聞かせる
  • 「3ヶ月は稼げない」と言い聞かせる
  • 「続けるだけでも差別化になるぜ!」と思うようにする
  • わくわくする未来を想像する

というようなことが、ブログを3ヶ月続けるための方法でした。

また、すべてやる必要はありません。
どれか一つでもいいので、気になったものからどんどんやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です