大学生から始める資産形成

【初心者必見】不動産投資とは? メリットやリスク、やり方まで解説

サラリーマンにもなると、不動産投資に興味を持ち始めた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は
「不動産投資って何なの?」
「不動産投資はどうしたらできるの?」
という疑問にお答えします。

この記事を読むことで、

  • 不動産投資とは何なのか
  • メリット
  • デメリットとリスク
  • 向いている人
  • 向いていない人
  • やり方

がわかります。

では、早速みていきましょう。

不動産投資とは?

不動産投資とは、マンションや住宅を購入して、第三者に貸し出すことで家賃収入を得たり、売ることで利益を出す投資のことです。

家賃収入はインカムゲイン、売ることで利益を出すという売却益はキャピタルゲインと言います。


また、不動産投資には、ワンルーム投資と一棟買い投資の二つの投資方法があります。

ワンルーム投資とは、マンションや住宅の一部屋分だけ買う投資のことを言います。

一棟買い投資とは、その文字通り一棟丸ごと買うことを言います。


さらに、購入方法には、現金一括払い・ローン払いがあります。

現金一括払いでは、家賃収入から費用もろもろ引いた金額が丸ごともらえます

ローン払いでは、費用もろもろの他に返済もしなければならないので、現金一括払いよりもらえる額が減ります

メリット

メリットには、

  • 年金対策
  • インフレ対策
  • 相続対策
  • 生命保険の代わり
  • 長期的に安定収入
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 本業とともに出来る
  • 資格が不要

があります。
それぞれ見ていきましょう。

年金対策

不動産投資は、購入した不動産に入居者がいる限り、安定して家賃収入が得られます。

しかも、その家賃収入は、ある意味不労所得となります。

ですので、年金生活の働いていない時期でも、年金に作用されずに生活していけるのです。

インフレ対策

インフレになると、物の価値が上がりますよね。
お金の価値は下がりますが、不動産も物なので上がっていきます

ですので、インフレになったとしても貯金だけしている人とは違い、不動産投資をしている人はお金が増えるのです。

相続対策

相続税とは、亡くなった人の財産を受け継いだ人にかかる税のことです。

貯金だけしていたら、貯金分すべてに対して相続税がかかってしまいます。

しかし、貯金分のいくらかを不動産に充てれば、相続税がかかる金額が減るんですよね。

また、自分は亡くなっても不動産は無くならないですから、家族の人はその不動産から家賃収入が得られ、一石二鳥になります。

生命保険の代わり

生命保険は、一家の大黒柱が亡くなるなどして収入が途絶えてしまった時に、残された家族が生活していけるように保険金が支払われる仕組みです。

そのような仕組みは、不動産投資でも同じことが言えます。
不動産は、毎月家賃収入が得られますよね。

先ほども述べたように、一家の大黒柱が亡くなったとしても、不動産は残るわけですから、家賃収入は家族に支払われます

このように、不動産投資は生命保険の代わりになるのです。

長期的に安定収入が得られる

ほとんどの人は、一度住めば何年か住み続けますよね。
すぐには引っ越さないと思います。

ですから、誰かが住んでいれば、長期的に安定して収入が得られます

また、株やFXのように値動きは激しくないですから、安定しているのです。

ミドルリスク・ミドルリターン

Crowd Realty

画像のように、不動産投資は預貯金や債券よりもリスクは大きいですが、株やFXよりもリスクは小さい投資です。

多少のリスクはありますが、それは自分たちで低くできるので、比較的安全な投資と言えるでしょう。

本業とともにできる

本業とともにできるのは、不動産の管理やリフォームなどを、ほとんど管理会社やリフォーム業者に任せることができるからです。

実際に、不動産投資をしているのはサラリーマンが多いです。

このことから、不動産投資は副業としてできるのです。

資格不要

不動産投資は住宅に関わるものですから、宅建などの資格が必要だと思いますが、実際は必要ではありません。

資格は必要ありませんが、どの不動産がいいかなどの見極めるスキルは必要となってきます。

デメリットとリスク

デメリットとリスクには、

  • 空室
  • 家賃滞納
  • 地震や火災
  • 維持費や管理コストがかかる
  • 初期費用が高い
  • すぐには売れない

があります。
それぞれ見ていきましょう。

空室

空室があった場合は、もちろん家賃収入は入ってきません

家賃収入が入ってこないと、ローンを組んでいる場合はもちろん返せなくなる可能性が高くなります。

ですので、そのことも考慮した上で、ローンを組むことをおすすめします。

家賃滞納

入居者の中には、家賃滞納をする人がいる可能性は無きにしも非ずです。

家賃滞納の場合も空室のリスクと同様に、その間は家賃収入はもちろん入ってきません。

なので、そのことを頭してローンを組みましょう。

地震や火災

地震や火災があった場合には、不動産は無傷という訳にはいきません。
どこかしら壊れてしまいます。

なので、壊れた部分は直さないといけませんし、なおかつ不動産の価値が目減りしてしまいます

このようなリスクが不動産投資にはあるのです。

維持費や管理コストがかかる

不動産は物ですから、月日が経つとどうしてもどこかしら傷んでしまいます

なおかつ、修理していかないと人が入ってこなくなり、収益の減少につがってしまいます。

このように、維持費や管理コストがどうしてもかかってきます。
そのことを頭にしておきましょう。

初期費用が高い

不動産投資は、何千万円もする世界です。
最低でも何百万円はかかってしまいます。

ローンを組むこともできますが、それでも高いことが分かるかと思います。

ですから、あまりお金をかけたくない人にとっては厳しいでしょう。

すぐには売れない

株やFXはすぐに売ることができ、引き出すことも可能ですよね。
しかし、不動産はそうはいきません。

というのも、不動産の世界は何千万円もする世界で、買い手がそうそういないからです。

買い手が見つからなければ、希望価格より安く売らなければいけません。

ですから、すぐに売ることは余計にできなくなります。

向いている人

向いている人というのは、

  • 長い目で見れる
  • 人と関わるのが好き
  • 勉強を続けることができる

です。
それぞれ見ていきましょう。

長い目で見れる

何回も述べているように、大抵の人たちはローンを組みます。

ですから、損失を出さないためにも収支のバランスを考えないといけません。

また、不測の事態も考えておかないといけません。
このことから、物事を長い目で見ることができる人が向いています。

人と関わるのが好き

不動産投資は、不動産会社・入居者などさまざまな人と関わっていきます

このように、人と関わることは避けられません。
ですから、人と関わるのが好きな人は向いていますし、なおかつうまくいきやすいでしょう。

勉強を続けることができる

不動産の情報は、日々変化しています。
「昔はうまくいく手法だったが、今は通用しない」なんてことも全然あります。

このように、日々不動産の情報をアップデートしていかないといけません

アップデートすることに苦にならない、すなわち勉強を続けることができる人が向いています。

向いていない人

向いていない人というのは、

  • 短期で売買したい人
  • 一気に利益を得たい人
  • 借金したくない人

です。
それぞれ見ていきましょう。

短期で売買したい人

不動産投資は、短期で売買するものではありません。

というのも、すぐに売ることができず、大抵は家賃収入で利益を得る投資であるからです。

短期で売買したいのであれば、FXや株のほうがいいです。

一気に利益を得たい人

不動産投資は、一気に利益を得ることはできません
なぜなら、家賃収入が毎月ちょこちょこ入ってくる程度であるからです。

また、不動産の価値が上がるのも、数年経ってからというものが多いからです。
このように、一気に利益は出ません。

短期で売買したい人で述べたように、不動産投資よりFXや株をしたほうがいいです。

借金したくない人

不動産投資をする人は、大抵ローンを組みます。
ですから、借金したくない人にとっては厳しい投資でしょう。

借金したくなければ、何千万円を貯めるか、本業の収入をアップさせるしかありません。

やり方・流れ

不動産投資のやり方・流れは、

  1. 不動産を探す
  2. ローンの事前確認
  3. 購入申込み
  4. ローン申込み
  5. ローンの契約
  6. 引き渡し
  7. 家賃の受け取り

です。

それぞれみていきましょう。

不動産を探す

まずは、不動産を探すところから始まります。
不動産を探すのは、インターネットサイトなどで探します。

「人気の高いエリアのはどこか?」「利便性は高いか?」などを考えながら探していきます。

また、不動産会社や管理会社から紹介してもらえることもあります。

不動産を探した後は、内覧もしていきます。
写真ではわからなかった細かい部分などが明確になるので、内覧はしっかりと行いましょう。

ローンの事前確認

年収や年齢によってローンを組める金額が異なります。

ですので、「どのくらいの融資を受けるのか?」「どれくらい融資を受けたら損を出さないか?」などをしっかり考えて、ある程度の目星はつけておきましょう。

購入申込み

購入したい不動産が決まったら、その不動産を取り扱っている不動産会社に購入の申し込みを行います。

その際に、買付け証明書という書類を通じて意思表示を行います。

買付け証明書には、購入したい物件、購入希望価格などを記載します。

ローン申込み

売り手と相談し、購入できることが決まったら、ローンを申し込んでいきます。
ローンは必ず組むことができるとは限らず、審査があります。

また、1つの金融機関でローンの審査が通らなくても、他の金融機関で通ることがあるので安心してください。

ローンの契約

ローンを申し込み、審査が通ったら実際にローンを組んでいきます。
払えなくならないように注意しましょう。

引き渡し

ローンを契約し終わったら、不動産を不動産会社から引き渡してもらいます。
そうすると、不動産投資生活の始まりとなります。

家賃の受け取り

引き渡しが終わったら、実際に入居者から家賃を受け取っていきます。
空室にならないように、やり繰りしていきましょう。

注意点

不動産投資の注意点としては、

  • 金利の上昇に気を付ける
  • 安く買う

があります。
それぞれみていきましょう。

金利の上昇に気を付ける

金利が上昇すると、返すローンの金額も高くなります。

例えば、30年返済・金利1%で3000万円のローンを組んだとします。
支払う金額の合計は3473万6760円になります。

しかし、金利が上昇して2%になってしまうと、支払う金額の合計は3991万8600円になります。

このように、金利が上昇すると、返すローンの金額も高くなるので、気を付けましょう。

安く買う

安く買うと言っても、ただ安い不動産を買うことではありません。
価格以上の価値が出るように安く買うということです。

「売っても高く売れるし、持っていても家賃収入が入る」
そういう状態にしておくのです。

まとめ

不動産投資とは、マンションや住宅を購入して、第三者に貸し出すことで家賃収入を得たり、売ることで利益を出す投資のことでした。

また、不動産投資のやり方は

  1. 不動産を探す
  2. ローンの事前確認
  3. 購入申込み
  4. ローン申込み
  5. ローンの契約
  6. 引き渡し
  7. 家賃の受け取り

でしたね。

この記事をきっかけに、不動産投資に興味をもっていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です