大学生から始める資産形成

【思い立ったらすぐ行動】すぐ行動する人としない人ではこんな差が!?

あなたはすぐ行動していますか?
考えるだけ考えて、なかなか行動できずにいませんか?

先に言っておきますが、すぐ行動する人としない人では、天と地ほどの差があります

これを聞いて「ヤバイ…」と思った方もいるかと思いますが、安心してください!

すぐ行動できる人になる方法も、きちんと書いてあります。

この記事を読み、すぐ行動できる人になって楽しい人生を送って頂ければ幸いです。

すぐ行動する人

すぐ行動するとどうなるでしょうか?
答えは以下のようになります。

  • 様々な経験が得られる
  • 生き生きとして人生楽しくなる
  • チャンスが生まれる
  • 成長していき成功者になる

それぞれ見ていきましょう。

様々な経験が得られる

すぐ行動することで、失敗も多く生まれます。
しかし、それが経験となり教訓を学べるようになるのです。

ことわざを借りれば、「失敗は成功のもと」なのです。

「やってみたけど失敗した」
「じゃー今度はどうすれば失敗しなくなるのか」
を考えるようになり、それが経験として生かされるのです。

生き生きとして人生楽しくなる

すぐ行動することで、また行動することが増えます
すると、「次になにしようか?」という具合にどんどんどんどん増えていき、正の連鎖になります。

行動しなければ、なんだか生きている感じがしなかった時間がありましたよね。

しかし、すぐ行動することで、そのように良い意味で忙しくなり、生きていることに実感が湧いてきます
そうすることで、人生が楽しくなってくるのです。

チャンスが生まれる

すぐ行動するからこそ、いろんな出会いや、先ほども言った失敗などの経験が得られ、そこから多くのチャンスが生まれてきます

稼ぐチャンスだったり
ある人と付き合えるチャンスだったり
それらはすぐ行動しないと得るのは難しいでしょう。

成長していき成功者になる

最初にも述べたように、「今度はどうすれば失敗しなくなるか」と考えることで、次の失敗にも対応でき、成長していきます。

その失敗が成長する糧になるのです。
俗に言う成功者は、みなさんすぐ行動してきた人です。

すぐ行動しない人

すぐ行動しないとどうなるのでしょうか?
答えは以下のようになります。

  • 知識がつくだけで何も得られない
  • 考えるだけで結局やらないままになる
  • 現状がなにも変わらなくなる

それぞれ見ていきましょう。

知識がつくだけで何も得られない

する行動することで得られる失敗や気づき、経験が全く得られなくなります

「聞いただけでは難しそうと思っていたけど、実際やってみたら案外できた!」
などという経験ができなくなってしまうのです。

考えるだけで結局やらないままになる

「こういう時どうすればいいんやろ」
「あぁ、やっぱりやめとくか」

などと考えるだけ考えて、結局やらずに忘れてしまった人はいませんか?

すぐ行動しないと、こういう風に結局やらずに忘れてしまうのです。

現状がなにも変わらなくなる

すぐ行動しないと、現状がいままで通り、むしろ落ちる可能性もあります。
すぐに行動しないと何にも変わりません。

英語学習だってそうです。
やってみないと英語力は身につかないし、日本語だけで英語が話せないままになります。

このように、すぐ行動する人はどんどん成長していき、すぐ行動しない人は何も変わらずにどんどん置いてかれます

これは、天と地ほどの差があります。
もし、あなたが現状より良くしたいなら、すぐ行動するしかありません

すぐ行動する人になる方法とは?

では、すぐ行動する人になるにはどうしたらいいでしょうか?
それには以下の方法があります。

  • とりあえずやってみる
  • それしかできない環境にする
  • 小さなことからやってみる

それぞれ見ていきましょう。

とりあえずやってみる

すぐに行動しない人は、ついつい色んなことを考えてしまいます。
それは、やらない言い訳を考えているのと同じです。

そうではなく、やってみてから考えるようにしましょう。

そうすることで、すぐに行動ができ、やりながら考えたことを試すことだってできます。

それしかできない環境にする

それしかやらざるを得ない環境にします。

例えば、宿題をする時です。
すぐ宿題ができない人は、たいてい自分の周りにゲーム機やスマホがあります。

そのせいで、気が散って結局やらなくなるのです。

そうではなく、それらを自分の目に見える範囲外のところに置くことで、宿題しかできなくなる環境にします。

そうすることで、必然的にすぐやるようになるのです。

小さなことからやってみる

行動できない人は最初から大きなことをやろうとしてしまいます。

そして、何からやればいいか分からなくなり、なかなか手をつけられなくなるんですよね。

先ほどと同じ例ですが、宿題をする時です。

ここでいう大きなこととは、宿題を終わらせること。
すぐ行動しない人は、そこに目がいきがちです。

そうではなく、もっと小さいことから、すなわち「問題の1つを終わらせる」とか「教科書を開く」とか…

そういった小さなことを最初にすることで、すぐに行動できるようになります。

おすすめの本紹介

この記事を読んでもすぐに行動することができないようなら、以下の本を参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ:思い立ったらすぐ行動していこう!

すぐ行動する人とそうでない人では天と地ほどの差があることが分かりました。

そのように差をつけられたくなかったら、すぐにやるしかありません。

すぐに行動してこなかった人は、すぐ行動する人になるのは容易ではないかもしれませんが、小さなことから初めてみれば案外出来るようになります

すぐ行動することで、あなたの未来は確実に変わっていきますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です